やはり「コロナ死」は「ワクチン死」―世界のデータから

 他に雑事が多く、なかなかブログを更新できませんが、以下は前記事「コロナ死は実際はワクチン死だ」を裏付けるものです。原文はエドワード・ダウドの新著『Cause Unknown原因不明、2021年、2022年の突然死の流行』を元にした記事で、ワクチン接種前はコロナ死がそれほど多くなかった国々で、接種後に何が起きたのかをグラフにしたものです。https://www.transcend.org/tms/2023/01/seeing-is-believing-what-the-data-reveal-about-deaths-following-covid-vaccine-rollouts-around-the-world/01/09/23「百聞は一見にしかず。コロナワクチン世界展開後の死亡について、データから見えてくること」

取り上げた国々は、ワクチン接種キャンペーン前はいずれも、①コロナ死は非常に低かった、②その後、集団予防接種を開始、③その後でコロナ死が大幅に増加した、という経過をたどっています。それが意味するのは、やはり「コロナワクチンが人々を殺している」ということ。

 最初に取り上げる韓国では、大量接種が本格化したのは2021年第三四半期から。供給不足を解消するため、イスラエルから数十万回分のファイザー社製ワクチンを借用しての接種でした。その後、すぐコロナ死が続きましたが、それはありえないとされ、文大統領は2021年11月、「ワクチンは3回接種して初めて完了する」と追加接種の大キャンペーンを開始したのです。国民はこれに応じて成人の90%以上がワクチン接種を完了しました–グラフは、その後に発生したコロナ死を示しています。

韓国ではワクチンキャンペーン前のコロナ死はほとんどなく、そのほぼ全てが大量接種開始の後に発生
他の国々のパターンもほぼ同じです。これはタイ。
マレーシアでも接種開始後コロナ死が激増
ウガンダはアフリカ東部の国、元大英帝国の植民地
ネパールでは、日本が供与したワクチン計約160万回分でコロナ死が急増した。https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press3_000548.html
ポルトガル
モンゴルではインド政府が供与したワクチンを優先接種。その後、中国製やロシア製、そしてファイザーワクチンが使われた模様。
ザンビア、アフリカ南部の内陸国。ここも元イギリス領で、今も公用語は英語。
パラグアイ、南アメリカ中南部。4月の大統領選に出馬予定の野党候補は、「勝てば台湾と断交する(=中国と国交を結ぶ)」と言明。…狙われるだろうな。
バーレイン、中東の産油国
ウルグアイは南アメリカ大陸の小国。ブラジルの南
チュニジア、アフリカ北部、地中海に面した小国
スリランカ、政争で揺れている国。ワクチン前はコロナ死はほとんどなかった。
アフガニスタン、20年にわたる米+同盟国との侵略戦争(アフガニスタン戦争)に勝利したタリバンが政権を握ったが・・・
イスラエル、政府はファイザー社と秘密契約を結び、国民を実験ワクチンのモルモットにしたが、コロナは減らず、ワクチン被害が増加。死者の多くもワクチン接種後。
ベトナム、2021年3月から、ワクチン接種を開始。初めは世界中から購入したワクチンを使い、この時はコロナ死は増えなかったが、同年7月初旬、米国政府がファイザーとモデナのmRNAワクチンを数百万本寄贈した後、コロナ死が急上昇し始めた。

 まさに百聞は一見に如かず。「コロナ死」が「コロナワクチン死」であることを、これほどはっきり示すグラフなないでしょう。おまけに、コロナワクチンの有害性や、副作用の確立が非常に高いこと、ヒトの免疫系を抑制するため病気が再発したり悪化することは、最初から分かっていたから、死者はみな謀殺されたのです。何より、このグラフを作成したジョンズ・ホプキンス大学(コロナウイルス・リソースセンター)は、イベント201を仕掛け、そしてコロナワクチンの強力な推進者だったのです。そこがこんなものを出したのは、コロナワクチン接種は犯罪だとして、各国で調査や捜査を求める声が高まっているからかもしれません。

 山本も各地の検察や警察に資料を持ち込み捜査を要請しましたが、どこも捜査は拒否。堺市警などは文書の受け取りさえ断るというひどさでした。でも、何度でもいいますが、コロナワクチンは市民をターゲットにした虐殺のワクチンであり、追加接種するごとに死亡率が高くなっているのです。日本の警察機構は、犯罪者に味方し、犯罪者を守るために働いているのでしょう。こんな組織は要らないのでは。2023.1.19

この記事を書いた人

山本節子

調査報道ジャーナリスト・市民運動家。「ワクチン反対市民の会・代表」。
立命館大学英米文学科卒業。中国南京大学大学院歴史科修士課程卒業。
住民運動をベースに、法令や行政文書を読み込んで、自治体などを取材するという独自のスタイルで、土地開発や環境汚染、焼却場・処分場問題に取り込み、数々の迷惑施設事業を阻止して来た。2011年以降、福島原発汚染がれきの広域処理、再エネ、ワクチン、電磁波などもカバーしているが、昨年からはコロナ問題に全力で取り組み中。市民育成も手掛けている。著書「ごみを燃やす社会」「大量監視社会」等多数。
ブログ「WONDERFUL WORLD」https://wonderful-ww.jp/